トップページ

チャイナエアライン(China Airlines) 航空券予約なら【H.I.S.】

チャイナエアライン(China Airlines)

チャイナエアライン

チャイナエアライン近場のアジアから長距離路線まで幅広く対応

チャイナエアライン

1959年、台北にて設立された航空会社であり台湾のフラッグキャリア。朝早いフライトから夜遅いフライトまで、東京から台北へ多くの便が就航。
ホノルルへの直行便がある他、アジア・ヨーロッパ各都市への乗継便も豊富で利用し易いと評判。

チャイナエアラインの評判・口コミを見る

チャイナエアラインの航空会社データ ※首都圏発着時の情報となります。

基本情報

台湾
国際拠点空港
  • 台湾桃園国際空港(台北)
航空会社コード
CI
設立年
1959年
アライアンス
スカイチーム
マイレージプログラム
ダイナスティ・フライヤー・プログラム
主な就航都市
台北、バンコク、ホーチミン、シンガポール、クアラルンプール、ホノルル、マニラ、ハノイ、香港、ジャカルタ、スラバヤ、アムステルダム、フランクフルト、ウィーン、ローマ、シドニー、ブリスベン、オークランド、サンフランシスコ、ロサンゼルス、バンクーバー

燃油サーチャージのご案内

荷物について

国際線

チェックインカウンター
成田空港第二ターミナル
預け手荷物
アジア・ヨーロッパ・オセアニア:重量制(30kgまで)
アメリカ・ホノルル・グアム:2個まで(1個当たり23kgまで且つ縦・横・高さの和が1個あたり158cm以内、2個の3辺の和が273cm以内まで)
機内持ち込み荷物
1個まで
7kgまで:縦23cm/36cm/高さ56cm以内:縦・横・高さの合計が115cm未満 

(日本発着区間/エコノミークラス)

おすすめポイント

台北・ホノルルへの直行便の他、東南アジアへの乗継便が利用し易く人気。東京からは多くの便が就航しているので、乗継時間がアレンジし易いのが特徴。

成田を含む世界の空港に、ファイブスター級のくつろぎをお届けする「ダイナスティラウンジ」をご用意しています。ファーストクラス、ビジネスクラスをご利用、またはパラゴン会員、エメラルド会員、ゴールド会員のお客様が使用可能。

チャイナエアラインのおすすめポイント01

座席紹介

ビジネスクラス

旅の疲れを癒す深めのリクライニング仕様で、エコノミークラスと一線を画すおもてなしと乗り心地をご提供いたします。機内食は年4回、1月・4月・7月・10月にメニューを刷新しています。

  • マイレージ加算・機内食・座席指定など、詳細についてはご利用される航空券の種類・便・行き先等により異なるため、弊社担当者までお問い合わせください。
  • 当ページの内容については、予告無く変更される場合がありますので予めご了承ください。またコードシェア便ご利用の場合は異なる可能性がございます。

チャイナエアラインの評判・口コミ

チャイナエアラインの評判・口コミをご紹介します。あなたの口コミ情報投稿もお待ちしております!

  • 東京都 40代 男性
    総合評価:★★★★☆
    ここ1年で6回台北へ。うち2回JALであと4回はCIでした。あまり差は感じません。きれいで快適です。日本人客も多いので言葉は全く心配無いし、台湾人の乗務員もかたことながら日本語で接客してくれます。食事も普通に美味しいです。時によって味付けが日本人好みではないかなと思うこともありましたが、まぁそこは国際線だしね。エンタメは、映画の本数も種類も豊富ですが全部が日本語対応ではないので、これと思って観ようとしたら残念ってこともあります。今回それがあったので「3」にしました。

    羽田-アジア エコノミークラス 2016年07月頃ビジネスで渡航

  • 埼玉県 50代 男性
    総合評価:★★★★☆
    50代の夫婦と20代の家族4人(子供:1歳と3歳)の計6人で利用しました。往復ともほとんど満席の状態でしたが、隣が空席の状態だったので、ゆったりとした旅が出来ました。機内食も結構おいしかったと思います。CAの方もいろいろ配慮いただき感謝しています。シート間隔は狭いと思いますが、価格を考えれば許せる範囲ではないでしょうか。今回は、幼児がいたためバシネットを装着できる席だったため足もとに余裕がありましたが、他の方は窮屈そうでした。またの利用は、旅行にかける金額しだいだと思いますが、今回は大変満足でした。

    成田-ハワイ エコノミークラス 2016年07月頃ファミリーで渡航

  • 埼玉県 40代 男性
    総合評価:★★★☆☆
    バンコクに行くのに台北経由で初めて使いました。快適であったのですが、往復でそれぞれ一時間ずつ出発が遅れました。この頻度は相当な確率だと思い、今後はバンコク行きには利用しないと決めました。行きは搭乗してから一時間。しかもエンジンを切っているので、空調がきいておらず、もう少しで気分が悪くなるところでした。出発も唐突で、何が問題だったのかもアナウンスされませんでした。帰りは登場してから50分。こちらは空調は効いておりましたが、そもそも帰りの便で余計に一時間近く飛行機のシートに座っていたことになりストレスが酷かったです。帰りには日本人のCAがいたので、「地上乗務員の業務に時間がかかり」という説明がありました。往復ともに、自国・台湾からの出発が問題のようでしたから、台湾のスタッフに問題点があるのかもしれませんね。飛行機内の対応が良かっただけに残念です。

    成田-グアジア エコノミークラス 2016年07月頃ファミリーで渡航

チャイナエアラインの評判・口コミを見る

その他の航空会社の評判・口コミを見る