海外旅行ホーム >  海外ツアー >  アジア >  ラオス > ビエンチャン > ■秘境旅行専門デスク■ 【安心の日本語ガイド同行】ワット・プー遺跡&古都ルアンパバーン 2つの世界遺産を巡る定番コース!ラオス2大世界遺産巡り6日間〜ビエンチャン・パクセー・ルアンパバーン〜 ラオスの文化・歴史・人に触れる旅!

  • 旅行代金
  • スケジュール
  • ツアーポイント
  • 旅行条件
  • ご予約・お問合せ
  • ご案内・注意事項

■秘境旅行専門デスク■ 【安心の日本語ガイド同行】ワット・プー遺跡&古都ルアンパバーン 2つの世界遺産を巡る定番コース!ラオス2大世界遺産巡り6日間 
〜ビエンチャン・パクセー・ルアンパバーン〜 ラオスの文化・歴史・人に触れる旅!

■ネイチャーワールド専門店限定

  • 世界遺産観光
  • 現地交流
  • 周遊
  • 観光付
  • おひとりさま
  • 朝食付

有効期限 2015年03月23日〜2018年09月30日

旅行代金

278,000円298,000円/大人1名様 (諸税等別途必要・燃油サーチャージ込み)

出発地 成田空港(発着) コース日数 6日間
出発日 2018年08月25日〜2018年09月29日
宿泊都市 ビエンチャン、パクセ、ルアンパバーン(ラオス)
ツアーコード

NW-VNA6001 

利用航空会社 ベトナム航空 (ラオス国内はラオス航空を利用いたします。)
利用ホテル

【ビエンチャン】 新しいウィンドウで開きますアバロン又は同等クラス

【パクセ】 新しいウィンドウで開きますチャムパサック・グランドホテル又は同等クラス

【ルアンパバーン】 新しいウィンドウで開きますエイシャント・ルアンパバーン又は同等クラス ヘルプ

ワットシェントーン(イメージ)

ワットプー(イメージ)

托鉢(イメージ)

クワンシーの滝(イメージ)

ビエンチャン街並み(イメージ)

写真はイメージです


こちらの商品はネイチャーワールド専門店限定受付商品です。

旅行代金(大人お1人様)大人お1人様代金(2名1室利用)単位:円 (諸税等別途必要・燃油サーチャージ込み)

前月
2018年8月
翌月
出発日:2018/08/25〜2018/09/29
大人代金:
黒色
子供(ベッドなし)代金:
青色
幼児代金:
ピンク色
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25 283,000
26 27 278,000 28 29 30 31
前月
2018年9月
翌月
出発日:2018/08/25〜2018/09/29
大人代金:
黒色
子供(ベッドなし)代金:
青色
幼児代金:
ピンク色
1 283,000
2 3 278,000 4 5 6 7 8 283,000
9 10 11 12 13 14 15 298,000
16 17 278,000 18 19 278,000 20 21 22 283,000
23 24 278,000 25 26 27 28 29 283,000
30

代金が表示されていない場合でも、お電話・店舗でご対応可能な場合がございます。お問い合わせください。お問い合わせ

スケジュール

スケジュール 食事 宿泊都市
1日目 東京(成田/09:30〜10:00)発航空便(ベトナム乗継)航空便ビエンチャン(17:50〜19:15)着
着後、日本語ガイドがお出迎えし、ホテルへご案内いたします。
夜:市内レストランにて夕食をお召し上がりいただきます。
夕 ビエンチャン
2日目 早朝:朝食はボックス(お弁当)をご用意いたします。
朝食後、空港へご案内いたします。
午前:ビエンチャン航空便パークセーへ
終日:世界遺産ワット・プー遺跡観光
昼:レストラン又はホテルにて昼食をお召し上がりいただきます。
その後、車パークセーへ。
夜:レストラン又はホテルにて夕食をお召し上がりいただきます。
朝昼夕 パクセ
3日目 朝:ホテルにて朝食をお召し上がりいただきます。
午前:パークセー郊外観光
ファーン滝、ニュアン滝
昼:レストラン又はホテルにて昼食をお召し上がりいただきます。
午後:パークセー市内観光
歴史博物館、ダオフアン市場、 ラオス日本大橋、ワット・ルアン
※歴史博物館、ワットルアンは現地の都合で入場できない場合が ございます。あらかじめご了承ください。
その後、空港へご案内いたします。
パークセー(16:20)発航空便ルアンパバーン(18:00)着
着後、ホテルへご案内いたします。
夜:ルアンパバーン郷土料理の夕食をお召し上がりいただきます。
独特のデザインの手工芸品などモン族の露店で賑わうナイトマーケットを散策します。
朝昼夕 ルアンパバーン
4日目 朝:ホテルにて朝食をお召し上がりいただきます。
午前:メコン川クルーズとパクウー洞窟観光
東南アジアを流れる大河メコン川を4000体以上の仏像が納められているパクウー洞窟を目指してクルーズします。
途中、地酒「ラオラーオ」製造の村 バーンサンハイ、織物と紙すきのバーン・サンコンに立ち寄ります。
昼:レストラン又はホテルにて昼食をお召し上がりいただきます。
市内へ戻り、街が一望できるプーシーの丘へご案内。
夜:伝統舞踊を見ながらの夕食をお楽しみください。
朝昼夕 ルアンパバーン
5日目 早朝:托鉢見学と朝市散策
ルアンパバーンの風物詩、僧侶が人々に喜捨を求めて歩く托鉢(たくはつ)とローカル色溢れる朝市を見学します。
朝:ホテルに戻り、朝食をお召し上がりいただきます。
午前:クワンシーの滝とモン族の村観光
流れ落ちる水の非常に美しいことで有名なクワンシーの滝、少数民族のモン族の村を訪れます。
昼:レストラン又はホテルにて昼食をお召し上がりいただきます。
午後:世界遺産ルアンパバーン市内観光
王宮博物館、ワット・シェントーン、ワット・マイ
夕方:現地係員が空港へご案内いたします。
ルアンパバーン(19:10〜19:35)発航空便(ベトナム乗継)航空便東京(成田)へ
朝昼夕 機中泊
6日目 航空便東京(成田/07:00〜07:35)着  
  • ※時間帯の目安 早朝/4:00〜、朝/6:00〜、午前/8:00〜、昼/12:00〜、午後/13:00〜、
    夕刻/16:00〜、夜/18:00〜、深夜/23:00〜
  • ※発着時間は予告なく変更になる場合があります。
ページトップへ

ツアーポイント

  • ★全設定日1名様より出発保証!専用車&安心の日本語ガイドがご案内します! ★北部の世界遺産『ルアンパバーン』と南部の世界遺産『ワット・プー遺跡』を訪問します。
  • ★ラオス南部観光をしっかりサポートいたします。 世界遺産ワット・プー遺跡やラオス南部観光の拠点となるパークセーなど、個人ではなかなか動きにくいラオス南部の観光をしっかりサポートいたします。パークセーでは、県内で発掘された遺品や民具を展示した「歴史博物館」、ラオス南部最大の市場「ダオフアン市場」、ラオス紙幣(10,000キープ)にも描かれている「ラオス日本大橋」、パークセー最古の古刹「ワット・ルアン」へご案内いたします。
  • ★ラオス第2の世界遺産『ワット・プー遺跡』を訪問します。 ルアンパバーンに続くラオス2番目の世界遺産となったワット・プー。 ワット・プーのワットは「寺」、プーは「山」。つまり山の寺を意味しており、その名の通り、小高い丘を利用して山の中腹に建てられたヒンドゥー教の寺院です。9〜11世紀にこの地を支配していたクメール人によって築かれ、現在は仏教寺院としてラオスの人々の信仰を集めています。
  • ★世界遺産の町「ルアンパバーン」の見どころをしっかり観光&見学します。 絢爛豪華なルアンパバーンの繁栄を偲ばせる「王宮博物館」、ルアンパバーンの象徴「ワット・シェントーン」、黄金のレリーフが見事な「ワット・マイ」、ルアンパバーンの街全体が見渡せる「プーシーの丘」の定番観光はもちろん、独特のデザインの手工芸品などモン族の露店で賑わう「ナイトマーケット散策」やルアンパバーンの風物詩「托鉢」と「朝市」の見学もご覧いただきます。
  • ★ルアンパバーン郊外観光とメコン川クルーズをお楽しみいただきます。 メコン川クルーズとパクウー洞窟観光 東南アジアを流れる大河メコン川を4000体以上の仏像が納められているパクウー洞窟を目指してクルーズします。途中、地酒(ラオラーオ)の醸造が見られる村「バーンサンハイ」に立ち寄ります。 クワンシーの滝とモン族の村観光 流れ落ちる水の非常に美しいことで有名なクワンシーの滝と少数民族のモン族の村を訪れます。

旅行条件

基本プラン

利用航空会社 ベトナム航空 (ラオス国内はラオス航空を利用いたします。)
利用ホテル

【ビエンチャン】

新しいウィンドウで開きますアバロン又は同等クラス

Value Attention ホテル※旅行代金はオトクですが、ホテルはお選び頂けません。

【パクセ】

新しいウィンドウで開きますチャムパサック・グランドホテル又は同等クラス

Value Attention ホテル※旅行代金はオトクですが、ホテルはお選び頂けません。

【ルアンパバーン】

新しいウィンドウで開きますエイシャント・ルアンパバーン又は同等クラス ヘルプ

ホテルグレードとは

本サイトで表示しておりますホテルランク表示(王冠の数)は、各国のホテルランクや現地手配会社からの情報を基に当社が独自に設定したものです。表示は一つの目安であり、当社はこれを保証するものではございません。

閉じる

食事(機内食を除く) 朝4回 昼4回 夕5回
添乗員 なし(現地係員がご案内いたします)
最少催行人数 1名様 但し、1人部屋利用は別途追加代金が必要です。(相部屋不可)
1人部屋追加代金 通常期間 115,000円
延泊 不可
ツアーコード NW-VNA6001
ページトップへ

予約方法

電話で問い合わせ・予約する

通常のお電話よりも簡単・スムーズ!「旅スマコール」で問い合わせ・予約する

旅スマコールとは?

ご覧になっている商品情報がスタッフに伝わり、
通常のお電話よりも簡単でスムーズにお問い合わせ・予約ができる電話サービスです。

使い方は簡単!
下のボタンを押して表示される電話番号にお電話ください。
予約センターの受付スタッフがご用件をお伺いします。

専門店で予約する

店舗検索

★渡航経験豊富なコンサルタントがサポートします!

新しいウィンドウで開きますトラベルコンサルタントサーチはこちら

ページトップへ

ご案内

  • 現地連絡先の電話番号はご出発前にお渡しする最終旅行日程表にてお知らせします。
  • ご利用ホテルなどその他詳細は、H.I.S.Ciao「ベトナム・ラオス・アンコールワット」パンフレット最新号に準じます。但し、ツアーポイント、アレンジなど一部適用外になる場合がございます。詳しくはお問い合わせください。
  • ゴルフバッグなどの大型荷物を持ち込まれる際は、現地での運搬手数料として1個につき、片道2,000円を別途徴収(日本払い)させていただきます。予めご了承ください。※ホテル間送迎時も対象となります。
  • コールセンターでご予約の場合はメールでの日程表送付となります。予めご了承ください。
  • ※日本国籍で15日以内の観光の場合、査証は不要です。 ■飛行機■ ●ご利用いただく航空会社及び便名は、出発前にお渡しする最終確定書面にてお知らせいたします。 ●座席位置のご希望は承れません。マイレージの登録はご自身で行っていただきます。 ●乗継ぎ時のご搭乗手続きはお客様ご自身にて行なっていただきます。 ■ホテル■ ●各都市の宿泊は現地習慣によりシャワーのみでバスタブのない部屋となります。(バスタブ付の部屋になる場合もあります。) ●3名1室のお申し込みは2名様と1名様に分かれてご利用いただく場合があります。その際は1人部屋追加代金が別途必要となります。3名1室利用の場合、お部屋は2人部屋に簡易ベッドを入れ3名様でご利用いただくため大変手狭となります。また、エキストラベッドの搬入はチェックイン後となります。予めご了承下さい。>
  • ■観光■ ●現地係員は日本語ガイドがお世話いたします。 ●パクセーの歴史博物館は土・日曜日は休館日となります。 ●天候や現地事情により、訪問都市や観光順序、観光内容を変更してご案内する場合がございます。 ●現地での観光は、各観光地で歩く距離が長くなりますので、運動靴をご用意下さい。 ●観光地は旧正月など祝日・政府関連の行事などで急に閉まることや営業時間が変更となることがございます。 ■その他■ ●パスポートの残存有効期限の不足、及び査証(ビザ)の不備等には十分ご注意下さい。お客様ご自身がご確認されない 場合は、当社としては責任を負いかねます。ご了承ください。
  • ●ラオス国内の交通機関の事情又は気象状況により、旅程が変更になる場合がありますのでご了承ください。 ●フライト時間によりホテル出発が早朝の場合、又はフライトの遅延などにより、朝・昼食が軽食又はお弁当になる場合がございます。 ●ガイド、ドライバーへのチップは含まれておりません。 ●食事には税金・サービス料が含まれております。但し、飲み物や追加料理の代金等は現地でのお支払いとなります。 ●1名様にてご参加の場合には、1名参加の料金が適用となります。尚、一人部屋追加代金は、複数人数にてご参加頂いた場合にお1人様にてお部屋を1部屋利用頂く場合の料金となります(別途料金要)。 ●ネイチャーワールド・世界遺産専門デスク限定商品となり、他店舗での受付はおこなっておりません。 ●表示代金は旅行代金です。
  • 旅行代金に燃油サーチャージ(燃油原価水準の異常な変動に対応するため、一定の期間及び条件下に限りあらゆる旅行者に課せられるものに限る)が含まれています。航空会社の申請により燃油サーチャージの増減又は廃止があった際も、旅行代金に変更はございません。また、為替レートの変動による過不足についても追加徴収またはご返金は致しません。 ●表示代金の他に国内空港施設使用料及び海外空港諸税が別途必要です。 ●ご旅行お申し込み時(これから申請の場合はご出発15日前まで)に、パスポート番号・有効期限・生年月日を必ず担当者へお知らせください。 ●訪問地域には「十分注意してください」が外務省より発令されております。(2017年1月現在) 詳しくは外務省海外安全ホームページをご確認ください。
ページトップへ